声優になるための方法について

高校を卒業してから、声優になる方法

声優になるためには、声優事務所(プロダクション)に所属していることが前提となります。プロダクションの所属して、アニメのキャストを決めるオーディションに参加するようになります。しかし、何の知識や経験もない初心者が、いきなりプロダクションに入ることはまず不可能です。高校を卒業してから、一般的に声優になる方法については、専門学校や声優スクールで学んだ後に、声優養成所で実践的なスキルを身につけて、プロダクションに所属するという流れとなります。

声優養成所に入るために

声優の養成所で学べるのは、より実践的なスキルであり基本的なスキルではありません。つまり、基本ができている人が学ぶ場が声優養成所となりますので、基本的なスキルをまず身につけておく必要があります。基本的なスキルがなければ、養成所には入れないということです。そして、基本的なスキル学ぶ場所が、声優コースのある専門学校や、声優スクール、あるいは、演劇科のある大学となります。最近では、通信制で高等学校でも声優コースが存在しています。

専門学校の声優コース

専門学校の声優コースでは、まったくの初心者であっても、声優になるための基礎から実践的なスキルまで学ぶことができます。声優コースの修業年数は1年〜2年が一般的であり、トータルでかかる学費の目安については、50万円〜200万円程度が目安となります。専門学校とは異なり、履歴書に書ける正式な学歴とはなりませんが、声優スクールであれば学費も専門学校に比べると低く抑えることができます。かかる学費の目安は、20万円〜50万円程度となります。

声優の専門学校には声優アーティストや声優タレント学科など様々なコースがあり、在学中のデビューも実現することが可能です。