確実に欲しい資格を取得するための3つの勉強計画

資格受験日から逆算して余裕ある勉強期間を確保する

資格を取る際、まずは受験日を決めておくことが必要です。『自信がついたら受験しよう。』と考えていると、のんびりしてしまうので、それをまず潰します。日程を決める際は、勉強するのに十分な期間を取ることが大切になります。その資格の難易度にもよるので、まず資格勉強の参考書や口コミから難易度を判断し、自分にとって必要だと思う期間を設けましょう。それに合わせて受験日を決定すると、その期間勉強をやらないといけなくなるため、自然に追い込むことができます。

その資格が必要である理由を必ず具体的にしておく

何となく資格が欲しい、と考えている内は勉強に身が入りません。場合よってはダラダラと勉強してしまい、『やっぱりいいや。』と放り投げる結果になり得ます。だから、資格を取得したいと思った理由を常に意識して勉強しましょう。『将来必要になるから』や『就職に有利だから』ではまだ弱いので、より具体的な理由にしましょう。その資格があればどう変わるのか、何を得ることができるのか、細かく考えて取り組みましょう。誰かに宣言したり、勉強部屋の壁に張っておくことも良い方法になります。

自分に合った勉強教材を用意しましょう

『これがオススメ!』という教材は山のようにありません。それらを全部取り組むことは不可能なので、自分に合ったものを自分の目で判断することが必要です。適当に選ぶのではなく、『この教材なら取り組みやすそう』や『これは分かりやすい』というものを探すと良いです。オススメが必ずしも自分に合うとは限らないので、ネット通販等での購入はオススメできません。また、教材は基礎事項を勉強できるものと問題集の2つあれば十分です。それらを何周も取り組むことで合格率が上がります。

基本情報技術者の試験は様々な種類がありますが、国家資格である事も手伝って、どの種類でも、資格取得を奨励する企業が多いです。