ネットでの決済方法は何がある?それぞれの特徴と比較

クレジットカード決済のメリットとデメリット

ネットショッピングやオンラインでサービスを利用した場合には、クレジットカード決済を利用すると便利です。購入画面でクレジットカードの番号や有効期限、支払回数等を入力するだけで、窓口やATMに出向くことなく決済が終了するからです。そして、カード会社のポイントサイトを利用すると、ポイントが倍付けになったり、ボーナスポイントが付けられることから還元率が上がることもメリットになりますね。ただ、クレジットカードに関する情報が悪意のある第三者に漏れた場合、不正利用される可能性もあり、ネットでの利用を躊躇する方もいるでしょう。利用するパソコンやスマートフォンに、最新のセキュリティソフトを入れて、予防することも大切ですね。ネットショップや、クレジットカード会社では、実際にカードを保有している方でなければ分からないセキュリティコードの入力を求める、ネットショッピングの際にだけ使われるパスワードを設定できる等の対策を講じています。ネット上での利用が心配な方は、セキュリティ対策をしているクレジットカードやネットショップの利用をすることをおすすめします。

クレジットカードを使うのが心配な方への決済手段

どうしても情報の漏洩が気になる方は、他の決済手段を使うことになりますね。コンビニのシステムを利用するCVSネット決済は、購入後に店舗から送信されたメールで受付番号を通知され、レジで支払いを済ませる方法で、手数料も安価なことが多いです。コンビニのレジに出向く必要がありますが、必要最低限の個人情報を入力するだけなので、抵抗なく決済ができると考えている方が多いです。レジの担当者に受付番号を告げて支払いをするか、店舗内の端末で受付番号と購入者の連絡先の電話番号を入力して、払込票を発行し、レジに持ち込んで支払いをするか、コンビニの会社によって違いがありますので注意してください。ペイジー料金収納を利用する場合は、送付された振込票にペイジーのマークが付いていることが必須となります。所定のATMやインターネットバンキングのログイン画面から振り込みが可能となります。サービスによっては、手数料がかかる場合がありますので、金額を確認するようにしましょう。

クレジットカードが使えない方の対策法

債務整理をした後で、クレジットカードが利用できない方は、審査が必要がなく、当座貸越機能のついていないデビットカードの利用するといいでしょう。デビットカードは銀行預金と連動しているカードでキャッシュカードと一体化している場合が多く見られます。対応している銀行ならば、普通預金や総合預金口座を申し込む時に一緒に作ることができます。ネット専業銀行やネットバンキングが可能な銀行で採用されていることがあり、状況に応じてインターネットバンキングで振り込みすることもできますので、便利に使えることがあります。購入時にカード番号と有効期限が入っているため、クレジットカードと代わりがないように見え、決済の仕方も同様となりますが、審査がないかわりに信用度が低く、利用限度額は決済時現在の預金残高となり、支払い方法は一括払いのみとなります。また、一般的な商品購入等のネット決済には使えますが、定期的な料金の支払いは認められないことが多いです。決済時にその場で金額が引き落とされるので、予め十分な額を入金しておくことをおすすめします。

決済代行では、クレジットカードや銀行振り込みなどによる決済業務を専門業者に依頼できるため、通販サイトをよりスムーズに運営する上で大変役立ちます。